気象予報士試験の過去問研究なら

気象予報士試験の総本山

気象予報士試験−トップ 一般財団法人気象業務支援センター

日本の気象と言えばまずは、気象庁

天気図提供サイト

気象庁−高層天気図 高層天気図の現況
日本の高層気象観測 日本各地の高層観測データ
HBC専門天気図 過去2週間の天気図(高層含む)を掲示
ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター) 10日先までの高層予報図を公開
   ECMWF予測気象図 上記ECMWFの日本周辺予想図を抽出
ワイオミング大学(大気科学) 世界各地のエマグラムデータを開示
   ワイオミング大学のエマグラムの記号説明 ワイオミング大学ページは英文なので説明が必要な方に
エマグラムを見よう 各種エマグラムデータをピックアップ
アルゴス気象センター 各種の天気図が提供されている。

気象に関する法律原文

気象業務法全文  (総務省サイト)   気象業務法から予報業務関連抜粋(気象庁サイト)
   気象業務法施行令 政令 (総務省サイト)
   気象業務法施行規則 国土交通省令 (総務省サイト)
災害対策基本法 (総務省サイト)
   害対策基本法施行令
水防法  (総務省サイト) 
   水防法施行規則
   水防法の概要図 (国交省が作成した図だが、あまりわかり易いとはいえない)
消防法 (総務省サイト)  
   消防法施行令  
   消防法施行規則

便利サイト

気象計算機 気温、湿度、気圧から露点、蒸気圧、温位、相当温位を求めるプログラム
大気の対流とエマグラム エマグラムの詳しい説明がある
SSI(ウェザーリポート) 日本各地のSSIやCAPE、CINをカラーで表示する。

ブログや役に立つサイト

気象予報士試験で検索すると、数年間も更新なしで、作りっぱなしのサイトがたくさん引っかかってくる。
また、ブログは情報が整理されていないので、受験勉強には使いにくい。
合格者の経験談は、気象予報士の制度の説明や抽象的な苦労話ばかりで、ほとんど役に立たない。
そんな中で、わたしが選んだ受験に役立ちそうなサイトを紹介する。
予報士.net
 てんコロ.こと、気象予報士、佐々木恭子さんのサイト。
 更新頻度が多く、最新の旬な情報が沢山あり、現在ピカイチのサイトである。
 ただし、動画が多いので、光ファイバーなどの高速回線でないと辛いかも。 
気象予報士試験 - 斉藤の勉強法 -
  更新がなく古いけれど、実技試験のコツが詳しく書かれていて、経験談の中では有用である。
  過去問の重要性を説いているので、ちゃんと読んでみよう。
  更新がないので画面上下の広告表示がうっとうしいので、×をクリックして消しましょう。
気象の教室
 石垣地方気象台による、スクール形式の説明が、丁寧で分かりやすい。
 これも古いけれど、専門家が作ってくれたので、実技の事前勉強にお勧めです。
気象学の基礎

 光藤さんという方が書かれたようです。
 基礎とは言いながら、かなり専門的で数式が多いので、はじめて見たときにはイヤになるでしょう。
 でも、ある程度学習して基礎知識がついてからじっくり読み返すと、とても良く整理されているので理解が深まります。
 記載が重複している部分もありますが、関連ブログもあります。
気象用語解説
 りゅう君が作りました。気象用語辞典的に、簡潔にまとめてあります。
気象の基礎知識
 20歳代前半で独身のタローさんが作成している「気象予報士試験ガイド」の一部です。
タマの気象学
 自称へっぽこ気象予報士がまとめたサイト。2008年から更新がないが、ほぼ全テーマの解説がある。

お勧めの参考書

世の中に沢山ある気象予報士の出版物を全部見たわけではないので、たまたま北上大の目に触れたもののなかから、お勧め本を選びました。

≫続きを読む

 

グーグルによるサイト内検索

サイト内検索 powered by Google

 
過去問研究 みんなの掲示板 総合 一般知識 専門知識 実技試験 メールフォーム リンク集