気象予報士試験の過去問研究なら

オリジナルドメインの設定で苦労をした

 

この記事は新サイト移転しました
⇒ 新サイトはこちら

 

「北上大公式サイト」(http://www.kitakamidai .com/)

 

そうして作った無料サーバーのサイトは、「北上大公式サイト」として公開はしているが、何の飾りもなく最小限のリンクページを残しているだけで、中身がない状態だ。将来ビッグネームになったら拡充するつもりだが、いつになるか。このサーバーは無料だが広告がある。広告を消すには、有料契約をしなければならないが、有料契約をするなら安い方が良いと思って他を当たって探したのが、次の忍者ホームページだ。

 

「気象予報士受験者応援団」(http://camj.kitakamidai.com/)

 

現在使っているこの応援団サイトが、忍者ホームページのサービスを利用して作ったものだ。独自ドメインが使えるのが特徴である。基本的には無料だが、広告を消すために私は有料契約をしている。有料とはいってもだけど安い。年間1000円程度のはずだ。容量5GBの制限があるが、まだ1%も使っていないので、当分容量の問題は出ないだろう。

 

「北上大公式ブログ」(http://blog.kitakamidai.com/)

 

ついでに、『北上大公式ブログ』忍者ブログでお世話になっている。忍者ホームページと同じように独自ドメインでブログが開設出来る(私が使ったのはこちらが先だが)ので、便利に使用している。こちらも、広告を消すために有料の契約をしている。独自ドメインの設定ではものすごく苦労した記憶がある。

 

「北上大事務所メール」

 

(office@kitakamidai.com)(スパム対策のため@を全角文字にしています)
メールアドレスも、gmailを利用して独自ドメインのアドレスを6つ作れるようにしている。
一つは、officeと名乗ってはいるが、事務員がいるわけでもなく、私が個人で使い分けているだけだ。現在、3つのアドレスを設定しており、独自ドメインのメールはちょっと気分が良い。

 

ディレクトリ型とサブドメイン型

 

以上示したように、いくつかのサイトを使い分けするのに、ディレクトリの形ではなくサブドメインの形にしたかったのでちょっと苦労をした。
ディレクトリ型とは (www.kitakamidai.com/camj/)のような形で、作るのは簡単だが、同じサイトと判断される。
サブドメイン型は大手が良くやっているような(camj.kitakamidai.com/)の形である。なんとなく本格っぽくてかっこいい。
試行錯誤の繰り返しで、やっと出来たけど、もう一度やれと言われて、出来るかどうか自信がない。
ドメイン費用といくつかの有料サービスを利用しているが、年間1万円にも満たないのでさほど負担にはならない。

 

オリジナルドメインについて関連ページ

何故作ったのか
気象予報士試験を目指している皆さんに、過去問研究を中心に、実際に役立つ受験情報を提供。さぁ、一発合格を目指してがんばろう。
著作権は大丈夫か
気象予報士試験を目指している皆さんに、過去問研究を中心に、実際に役立つ受験情報を提供。さぁ、一発合格を目指してがんばろう。
ホームページソフト
気象予報士試験を目指している皆さんに、過去問研究を中心に、実際に役立つ受験情報を提供。さぁ、一発合格を目指してがんばろう。
 
過去問研究 みんなの掲示板 総合 一般知識 専門知識 実技試験 メールフォーム リンク集