気象予報士試験の過去問研究なら

受験者数統計

一般財団法人 気象業務支援センターの統計情報をグラフにしてみた。
第1回の試験は平成6年(1994年)の8月で、既に18年を経過している。
初期の合格率が高かった理由は、長く気象に関わってレベルの高い人たちが集中して受験したためだと言われている。
それが5〜6回までで治まり、その後若干の変動はあるが、一定の幅の中で動いている。
第24回(2005年)辺りから受験者数が減少しているようで、第38回は辛うじて4000人を上回ったが、その後減少している。

 

グーグルによるサイト内検索

サイト内検索 powered by Google  



受験者数統計関連ページ

合格者分析
気象予報士試験を目指している皆さんに、過去問研究を中心に、実際に役立つ受験情報を提供。さぁ、一発合格を目指してがんばろう。

 
過去問研究 みんなの掲示板 総合 一般知識 専門知識 実技試験 メールフォーム リンク集